リブドッグに悪評がある理由

リブドッグを与えてみた飼い主さんの声を確認してみると、多くの方が満足しています。

 

「元気に走り回るようになってきた」「毛並みがキレイになってきた」などの効果を実感している飼い主さんもいるので、リブドッグに興味を持っている方にとってみたら嬉しい声となってくれていますよね。

 

でも、その一方で悪い口コミ、いわゆる悪評があるのも事実ですし、そういった悪い部分が見えてくるとどうしても良い部分よりも悪い部分の方に気が行ってしまうので、リブドッグの悪評が必要以上に気になってしまうということはあるでしょう。

 

ところで、どうしてリブドッグには良い評判もあるのに悪評も存在するのでしょうか。これについて考えてみると、悪評があるというのはごく自然なことなのかなと思います。

 

ドッグフードに限らずどんなに優れたモノやサービスがあったとしても、使う人によっては感じ方は違ってきますし、どんな人にも完璧な存在となるサービスやモノはありません。

 

なので、リブドッグに関しても食べてくれなければ悪い評判が出てしまうのは仕方がないですし、食べてくれたとしてもフードの切り替えがうまくいかなくて下痢をしてしまったり嘔吐してしまったりすることはあります。

 

実際に試してみて思った通りのことが期待できなければ悪評は出てしまいますから、大事なのは悪評があることを気にするのではなく、悪評があることは当然なんだと思うことなのではないでしょうか。

結局のところ試さなければわからない

リブドッグに悪評が存在するのは完璧なモノはないからというのが理由として挙げられます。

 

良いと感じる人がいれば悪いと感じる人がいるのは当然なので、良い意見も悪い意見も必要以上に気にする必要はないのかなと思いますよ。

 

結局のところドッグフードにも相性というものが存在する以上は、実際に与えてみて様子を観察しない限りはリブドッグが本当に良いフードなのか悪いフードなのかは判断ができないかもしれません。

 

リブドッグに関して言えば、価格が市販のドッグフードと比較すると高いので気軽には手が出せないというデメリットはありますが、その一方で、定期購入を利用すると初回は59%OFFで購入できたり、2回目以降はずっと定価の20%OFFで継続することができたり続けやすい環境を整えてくれています。

 

また、定期購入に関しても3ヶ月以上継続しなければならないなどの縛りがないので、いつでも辞めたいときに定期購入を辞めることはできます。

 

なので、初めにこの期間は試してみるということを決めておいて、その期間の間に自分の思っている基準よりもいいなと感じられたのなら継続して与え続けてみるといいでしょう。

 

食いつきの良さを判断するだけなら、フードを切り替える期間も含めて2〜3週間くらい様子を見れば判断がつきますし、体調に変化が出始めるくらいまで様子を見たいのなら2〜3ヶ月くらい与えてみるといいですね。

 

このように試すにしてもどういった目的で試すのかを決めておくと納得のいく判断ができると思いますから、リブドッグを購入するときは何を目的に、どのくらいの期間で判断するのかということを決めておくといいのではないでしょうか。